未分類

オーダーメイドの物件探しを成功させる価値観の採寸をしよう

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

この度、私は主人との度重なる相談のうえで、家を購入することになった。地下鉄の終点になっている大きな駅の近くで、中古の分譲マンションを選んだ。築年数は少し経過しているが、その割に綺麗に使われていてお買い得感がある。駅からの距離も程よく、不便さも喧騒も感じない。私にとっては失敗のない買い物になったのではないかと満足している。このマンション購入をきっかけに、私は一つの結論にたどりついた。家を買う決断を出すときに相場だとか人気だとかいろんなことが気になるが、購入者およびその家族の価値観しだいで物件は良くも悪くも見えるということだ。たとえば、私たちは3階の物件を購入することになった。主人は、実家がもっと高層階にあることも関係しているのか見晴らしや防犯、日当たりがもっと良ければと気にしていた。そこで、不動産の人に「5階よりも上の階の物件に空きが出るまで待つことはできるか」ということを尋ねた。不動産の人は、可能だが物件価格が400万円は上昇すると宣言した。主人はそれを聞いて、あっさりと高層階へのあこがれを捨てた。主人にとって、高層階の物件を購入することに400万円の価値はなかった。この会話を踏まえて、それでは5階より上の階に空きが出たら教えてくださいと返答する人もいるだろう。400万円は出せないけれど200万円だったら、という人もいるかもしれない。「その値段に見合う価値があるかどうか」という答えは、万人共通ではない。たとえ生計を共にする家族であっても、同じ価値観を持っているかわからない。事実、私は一戸建てで育った人間なので、3階で既に高層階の気分であった。このとき、私は主人の価値館をもっとよく知らないといけないと思った。別の例も挙げよう。主人は、自身の職場で中古マンションを購入しようと考えていることを同僚に相談していた。上司ではなく同僚なのだから、収入面はそれほど大きな差はない。それなのに、主人は色んな人に「その駅周辺は贅沢だから辞めろ」と言われた。ある人は、坂道ばかりで車がないと生活が不便でしかたのない郊外を提案してきた。ある人は、かつてはマンション建設ラッシュが起きて人口が一気に増加したが今では流出者のほうが多くなりゴーストタウン化している街をおすすめしてくれた。主人は購入を検討している街よりも都心出身の人で、私の実家に合わせて県の中心部を避けてくれたくらいだった。なので、彼は「これ以上に田舎は候補にもなかった」という鳩が豆鉄砲を食ったような様子で私にその話をしてきた。結局、主人はその後もいろんな人に他の地域をゴリ押しされたり経験談を聞かされたりしたが、その地域の物件を見ることはなかった。確かに、値段は私たちの検討している地域よりもはるかに安かったが、鉄道が何十分に1本しか来ない、車の運転のできない私が買い物に行けない、治安が悪いことで折り紙つきなど、金額の代わりに出てくるデメリットを受け入れることができなかったからだ。家を買うとき、自分1人で決定する人はいないと思う。私たちのように夫婦で購入する場合であれば、お互いの実家や職場の人、友人、不動産の担当者(しかも、いくつも不動産を掛け持ちして物件を探せば担当者も複数になる)、参考になる意見はいくつも取り入れたいと欲張りになる。そして、返ってくる答えもその人の数だけ生まれる。マンションか戸建てか、中古か新築か、都心か郊外か、解の組み合わせはいくつでもある。もっと細かいところまで言う人もいるだろう。私なんかは、主人の母が自治会のことや風通しの良さ、騒音がどこまでするか気にしてきて驚きを隠せなかった。「住まなきゃわかんないよ」のオンパレードだった。そんな人もいるのだ。だけど、購入する人はそのすべての解を受け入れなくていい。ある条件を受け入れて「住めば都」と言えるか、「後悔している」と感じるか、そんなことはその人次第だ。友人でも、「相場がどうか」とか「人気のあるエリア」とかを気にしている人がたくさんいるが、果たして赤の他人の価値観によって物件を決定することで満足は得られるのだろうかと物件探しを終えた今だからこそ強く思う。本当に相場が高いところが「良い物件」ならば、日本で一番住みやすい街は銀座になってしまう。人気のあるエリアを選ぼうとしても、親子世帯にとっての人気物件を独身貴族1人世帯が選んでもマッチするとは思えない。これらの例はずいぶんと極端だが、実際の物件探しになるとなぜか人からの意見が気になるのだ。人気のエリアも相場も質問した。周囲の意見も聞きまくった。けれど、私たちの求めている解答でないことにどこかで目が覚めた。それはとても幸運だった。最終的に家を買うとなったときには、私は主人の母の杞憂に「なるようになります」と答えられるようになっていた。人生の大きな買い物、と呼ばれるくらい家の購入は重大な出来事だ。だからこそ、自分たちの求めているもの、価値観に一番合う物件を探したい。オーダーメイドの物件探しをするためには、まずは採寸だ。これから物件探しをする人は、ぜひとも自分たちの価値観の洗い出しから行ってほしい。

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.