未分類

後悔しない建売住宅の買い方

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

不動産業で約20年働いている私がお勧めする、後悔しない建売住宅の買い方をお伝えします。
最初に具体的な買い方の話の前に、今の住宅事情を簡単にお知らせいたします。
昔、不動産の市況のいい時代では住宅はどんどん着工していましたが、2年程前から新設住宅着工戸数が100万戸を割ったという記事を見たことがあります。
(ちなみにこの100万戸の内訳としては、戸建て住宅の他、マンションやアパートの戸数も含まれます。そして、戸建て住宅の中でもっとも多い種別は建売住宅となります。)
と、同時に数年前から年間出産数は毎年100万人を割っていることも毎年ニュースになっています。
これはどういうことかといえば、人口が減っている以上、家を購入する人、賃貸住宅に住む人は少なくなる訳ですので、将来にわたって住宅の着工戸数は間違いなく大幅に減少していくということです。個人的には年間の住宅着工戸数は20年後には60万戸程度になるのではないかと思っております。もしかしたらもっと減るかもしれません。
今後、少子化の問題が解決しない限りは住宅の供給戸数は減る一方ですので、これから家を購入される方は、間違った物件を購入してしまうと、将来売却するとしてもかなり安い価格でないと売れなくなる可能性があります。
ただでさえ、最近は住宅地の中の空家問題についてよく耳にすることも増えてきたと思います。
つまり、これからの時代は完全に買い手市場となるため、いい物件でないと売れない時代となってきています。
既に都内でもマンションが売れなくなったという記事を見た方も多いのではないでしょうか。
そのため、今できる限り将来後悔をしない建売住宅を購入するためのアドバイスをあくまでも私個人的な主観ですがさせていただきます。
まず、最も重要となることは、駅までの距離です。
以前は徒歩15分圏内という希望が多かったのですが、これからは徒歩8分圏内が理想となります。
もちろん人気路線のJR線の駅から8分圏内はなかなか厳しい条件となりますので、JR線で無理ならば、私鉄で8分圏内の物件を選んだ方がいいと思います。
なぜ駅近が重要かといえば、先ほども述べた通り、最近では各地で空家問題が起こっているからです。
その空家問題が起こっている地域と言えば、駅から少し離れた綺麗な分譲住宅地内でも多くなってきていることが私の仕事上、最近感じている事です。
分譲地が開発された当時に家を買った方が、今では定年を迎え、その家を売って駅近のマンションに住み替えるというご年配の方が最近は非常に多くなってきているからです。
空家が多くなれば犯罪や災害の起きる可能性も増えてしまいます。そのような場所はできれば避けたいと思うのが人の心情ですね。
そのようなこともあって、おそらく最寄駅から徒歩15分を超えてしまう物件は、将来価格を極端に価値が低くなくなるでしょう。
もしも、どうしても8分圏内では予算手金も届かないという場合は、妥協しても15分までです。それに、15分程度まで離れる場合は駐車場に車が2台置けることが理想ですね。
次に間取りです。間取りは4LDK以上、リビングは16帖以上、小屋裏収納等収納量が多いことが絶対条件です。
現在は夫婦2人や子供が1人だけの3人家族では3LDKで十分と思われますが、将来のことを考えれば両親の介護や子供との同居等何が起きるかわからないため、4LDK合った方が間違いなくいいでしょう。また、昔から家を購入した人の不満度ランキングの常に上位に来るのが収納量が少ないということですので、収納量は多すぎと思えるくらいの方がいいでしょう。
立地についていえば、前面道路の広さも非常に大事です。
前面道路の幅員が4メートルではやや狭いと思います。できれば6メートルは欲しいですね。なぜかと言えば、6メートルの幅員があれば、車の駐車が非常に楽になります。車の運転が苦手という女性の方にとってはありがたい点です。
尚、以前は南道路がいいと言われていましたが、道路付けはあまり関係ないかもしれません。
例えば、南道路の場合は、南面に日を取り入れるための窓を大きめにとることが多い為、道路から家の中が丸見えになってしまう恐れもあります。折角日当たりのいい南道路なのに、いつもシャッターを閉めているといった家もたまに見かけます。
道路から丸見えの南道路ならば、人目が気にならない北道路の方かいいですよね。道路付けよりも、日当たりがいい物件を選ぶことが先決です。
そして、最近では気にされる方も多くなってきましたが、災害ハザードマップに浸水や河川の氾濫などの危険がある場所は避けた方が無難ですね。
ここ最近の異常気象を見てしまうと、ここも大事なポイントです。
以上の点が建売住宅を購入する際に注意した方がいい要素となりますが、当然すべてを叶えることは非常に困難だと思います。(当然予算があることですので。。。)
ですので、これらのポイントを十分に理解したうえで、物件を見ていただければ将来後悔することが減るのではないかと思います。
私の仕事上、世の中で日々建築されている建売住宅をよく見ていますが、中には素人が設計したであろうほんとに酷いと思う物件も多々見受けられます。
自分がその家に住んだことを想像しながら、使いやすいかどうか、家族の成長と共に長く住み続けられるだろうか、ということも考えながら物件を選んでいただければいいかと思います。
以上が、不動産業20年勤務の私が思う後悔しない建売住宅の買い方です。(主観あり)

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.