未分類

「賃貸物件を選ぶポイント」後悔のない住み替えをするために

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

賃貸物件を選ぶ際にぜひ参考にしていただきたいポイントをまとめました。

仲介会社の選び方

物件を決める際、仲介会社を通して契約をすることになりますが、余裕があれば2社以上にお願いすることをおすすめします。仲介会社の担当者にもいろいろな方がいますので、相性の合う合わないが出てくると思います。物件が決まるまで少なくとも数週間のお付き合いになるため、信頼できる担当者のいる会社にお願いしたいところです。最近はインターネットで物件の検索をしてから実際に仲介会社へ連絡を取るケースが多いのですが、その際にぜひ知っておいてほしいことがあります。気になる物件を見つけたときに、そのデータを掲載している仲介会社へ連絡を取ることになりますが、多くの物件はどの仲介会社を通しても契約をすることができるのです。信頼できる仲介会社が見つかったら、それ以外の会社が掲載している物件についても仲介してもらえるかどうか確認してみてください。例外もありますが、対応してもらえることがほとんどです。

昼だけでなく夜も内見をする。

物件の候補が決まったら、まずは内見(物件の見学)をすることになります。ほとんどの場合は昼の明るいうちに内見をすることになると思いますが、夜の様子も確認しておくことが重要です。ほとんどのエリアの場合、昼は治安の悪さを感じないことが多いのですが、夜は違った面が見えてきます。例えば、繁華街が近くにある場合、昼はちょっと賑やかだと感じる程度でも、夜は酔っ払いやキャッチ(今はだいぶ少なくなってきていますが…)が目立つことがあります。また、人通りが少なく静かな住宅街の場合、昼は閑静な住宅街に見えても、夜は暗くて怖いと感じることもあります。このように、同じエリアでも昼と夜で違う顔を見せることがあるのです。特に女性の一人暮らしであれば、注意したいところです。

水回りが臭う部屋は要注意

内見をするときに、ぜひ水回りに注目してください。トイレや洗濯パンから下水の臭いがすることがあるのですが、それは長い間使用されていないと起こる現象です。つまり、その部屋には長い間誰も住んでいなかったと判断できます。長期間空室になるのには何か理由があるはずなので、案内をしてくれた仲介会社の方へ確認するとよいでしょう。

周辺の施設について確認する

内見時は物件にばかり目が行きがちですが、周りの環境についても確認が必要です。1人暮らしの方であれば、コンビニが近くにあると便利です。また、主婦の方や小さなお子さんがいる方は、歩いて行ける距離にスーパーマーケットや公園があると重宝します。このように、個々のライフスタイルに合わせた必要な施設があるかどうかも、物件を選ぶ決め手にしましょう。

不動産に「お買い得物件」は存在しない

家賃は少しでも安いほうが魅力的に感じるものです。しかし、賃貸物件を含め不動産には理由のないお買い得物件はないと考えてください。相場より家賃が低い物件は、おそらく何か理由があります。例えば、他の物件にはついている設備がついていないということや、周辺にデメリットとなる施設がある、ということです。あまりにも安い場合には事故物件という可能性も考えれられますのでご注意ください。基本的に、家賃は物件や立地の質に比例するとお考えください。

早めに契約に必要な費用を確認する

物件が無事決まって、いざ申し込みしようとなった段階で、「こんなに費用がかかるなんて聞いてない」となることがよくあります。賃貸物件を契約する際には、仲介手数料や敷金礼金はもちろんのこと、仲介会社独自の付帯サービスの費用を請求されることがあります。例えば、害虫駆除費(入居前に室内の害虫駆除や除菌をしてもらう)や入居後のサポート費(鍵の紛失時や設備の修理業者の紹介サービス)などが挙げられます。良心的な仲介会社であれば、最初からこれらの費用について説明をしてくることもありますが、多くの場合は契約時に初めて知らされます。思わぬ出費に困惑することのないよう、初めから費用について確認しておくことが重要です。

入居後の不具合はすぐに管理会社へ連絡する

入居後、コンロがつかない、お湯が出ない、などのトラブルがあることがあります。そのような場合は、必ず管理会社へ連絡をしてください。入居してすぐの場合や入居者に過失がない場合は、オーナーや管理会社が修理の費用を負担してくれることがほとんどなので、決して自分で対処しないようにしましょう。万が一、自分で修理業者を手配してしまった場合、その不具合が自分の過失でなくとも、費用が自己負担となる場合があります。また、多くの管理会社では、入居後すぐに室内の状況について申告をするよう依頼をしてきます。これについては適当に対応せずに、しっかりと確認するようにしましょう。例えば、自分が入居する前から壁の傷があったとしても、申告をしていなかった場合は退去時に修理費用を請求されることがあります。それを防ぐために、少しでも気になることがあれば、入居後すぐに管理会社へ伝えておくのがベストです。
以上が、賃貸物件を選ぶ際に重視していただきたいポイントです。ぜひ参考にしてくださいね。

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.