未分類

ひとり暮らしの賃貸物件探しで使える基本的なコツ5つ

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

ひとり暮らしのために賃貸の物件を探すときにお役立ちのTipsを紹介します。新生活を始める準備がスムーズに行くように、そして生活の拠点となるお部屋選びで失敗することがないように解説していきたいと思います。

探す期間は1ヶ月は必要

物件を探し始めてから入居まで、少なくとも1ヶ月はかかります。それよりも早くできることもありますが、大変慌ただしくなってしまいます。新生活を余裕を持ってスタートさせるなら、自分が入居したいと考えている日から1ヶ月前には探し始めたいものです。もっと早くから探し始めてもいいぐらいです。希望の物件を見つけるまでにも時間はかかりますが、それからも不動産屋さんに案内してもらって内見し、気に入ったら審査に申し込まなければなりません。そしてその審査が通れば契約成立となります。その後にも荷造りなどの引っ越しの準備や、役所に転居届けを出すことが必要となりますので、なるべく早めにお部屋探しを始めると良いです。

まずはインターネットで

物件探しの最初はインターネットを使って探すことをおすすめします。大手の賃貸情報サイトや不動産屋さんのホームページで物件を閲覧することができます。いろいろな物件を見ている中で、自分の求めるものがわかってきます。必要な条件は紙に書き出しておくと良いでしょう。すべての条件を満たした物件を見つけるのは難しいので、その中で優先順位をつけていき、下の方になった条件は妥協することも考えることが必要です。
またたくさんの物件の情報を比べているうちに家賃の相場もわかってきます。一般的な家賃の目安は自分の収入の3分の1以下です。それ以上になると大変苦しい生活になります。物件の家賃は地域や間取り、築年数によってだいたい似通っていますので、自分に適した家賃の価格だとどんな物件に住めるのかがわかってきます。また、家賃以外にかかる初期費用も合わせて比べてみることもおすすめします。

気に入った物件を問い合わせ

インターネットで気に入った物件を見つけたら、不動産屋さんに問い合わせます。メールや電話で連絡しても良いですし、直接店舗へ出向いても相談できます。事前に予約をしていなくても、混み合っていなければすぐに対応してもらえますが、やはり事前連絡をしておいた方がスムーズです。そしてその物件が空いている状態なら、部屋まで案内してもらって内見できます。

内見のポイント

内見のときに気をつけたいのが、自分にとっての優先順位の高い条件を見失わないことです。それを意識しながら物件を見ていきましょう。不動産屋さんと話しながら部屋をいくつか見ているうちに、考えていたのとは違うポイントに惹かれていってしまうこともあるからです。それが結果的に裏目に出る場合もあります。そうならないように、意思を強く持って新生活に求めるものを忘れないようにしておくことが大切です。
そしてそのときに持っていくと良いのがスマホ、メジャーです。内見した物件を後から比較、検討する材料になるように写真をいくつか撮っておきます。また、持っていきたい家具がある場合は、運び込めて置けるスペースがあるかどうかメジャーで測っておきましょう。
あとは窓のサイズです。カーテンは入居した瞬間からいるものなので、用意しておけるように長さを測り、レールの種類もチェックしておくと安心です。角部屋の場合はメインの窓以外にも他に窓があったりするので、忘れないようにしてください。カーテンを持たずに入居すると、余程の高層階でない限りは周りから丸見えになってしまうので気をつけたいところです。
また、床が傾いていないか確かめるためにスマホのアプリを使うのも有効です。これはアプリの代わりにビー玉を床に置いて確かめることも一般的な方法としてよく知られています。

周辺環境のチェック

物件の比較、検討にはその建物の周りの環境も入れて一緒に考えることが必要です。内見のときには不動産屋さんにその地域についての情報や、利便性を聞いておきましょう。
それからできれば内見のとき以外にも、自分で周囲を歩いてみることをおすすめします。周りにあるコンビニやスーパーなどの食料品店や、自分が必要だと思う店舗までの距離を調べたり、不審な場所はないか安全面を調べておきます。昼と夜では雰囲気がガラリと変わるので、夜の状況も歩いて見ておくと安心です。
また公共のサービスを利用するのも方法のひとつです。行政や警視庁のホームページで過去に起こった犯罪や、不審者の通報、火災の発生などをチェックすることができます。インターネットだけではなく、警察署や市役所の窓口に直接行っても地域の治安を教えてもらうことができます。

今回は5つのポイントで基本的なひとり暮らしのお部屋探しのコツを紹介しました。ここで解説したことをもとにして、自分らしい物件探しをしてもらえたらと思います。希望に満ちた新しい生活を安心してスタートさせるために、ぜひ役立ててみてください。

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.