未分類

一人暮らしの部屋の選び方

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

進学や就職をする際に、一人暮らしを始めるという人も多いでしょう。しかし賃貸の物件というのは、同じ地域内でも数えきれないほど存在するため、初めて部屋探しをする人は、どれを選んだらいいのか迷ってしまうでしょう。そこでまず考えたいのは、優先したい条件を決めて物件を絞り込むことです。基本的な条件としては、場所と家賃、間取りがあると言えるため、細かい条件を考える前に、まずはこの3つの条件について考えてみましょう。

1つ目の「場所」については、これから通うことになる学校や会社までの距離や、アクセスのしやすさがポイントになると言えます。一番いいのは、学校や会社に近い場所であり、通学や通勤に時間がかからないことです。通学や通勤は毎日のことなので、移動に時間がかかると、その分多くの時間が無駄になってしまうことになります。ですので、30分以内で通学や通勤が出来る距離というのを一つの目安として考えるとよいでしょう。しかし、実際に30分以内に移動できるかどうかは、交通機関や、駅までの距離などによって変わってくるため、その点もよく考慮することが必要です。ただし、街中に近い場所は家賃が高くなる傾向があるため、いくら学校や会社に近いからといっても、家賃の関係からそうした場所が選べないケースもあるでしょう。ですのでそうした場合は、主要な駅が近くにあるなど、できるだけ交通アクセスの良い場所を選ぶようにするとよいと言えます。

2つ目の「家賃」については、自分の収入などに合った金額を設定することがポイントになります。一般的には、月収の3分の1程度に抑えるのが目安とされているため、例えば月収が20万円程度だった場合は、6万~7万円程度の家賃にするとよいと言えるでしょう。この「3分の1」という割合は、その程度の負担であれば、無理なく家賃を支払い続けることが出来る割合といった意味であり、家賃の目安としてよく知られている数字です。しかし、月収が少ない場合は、家賃に3分の1も使ってしまうと生活費などが足りなくなることもあるため、ケースバイケースで考えることも必要でしょう。ですので、「3分の1」という目安にこだわるのではなく、月収から、生活費などを差し引いた金額がいくらになるかということをまず計算して、そこから家賃がいくら払えるのかを考える方がよいと言えます。また、生活費等の予算をギリギリに見積もって家賃を決めてしまうと、出費が多い月などは生活費が足りなくなってしまうこともあるため、予算にはある程度余裕を持たせておくことも重要だと言えるでしょう。

3つ目の「間取り」については、一人で暮らすのに十分な広さがあればいいということがポイントになります。ファミリーで暮らす場合は、部屋がいくつも必要になりますが、一人暮らしの場合は、部屋数が多くても有効活用できませんし、家賃が余計にかかってしまうだけです。ですので一人暮らしの間取りとしては、ワンルームや1K、1DKなどが選ばれることが多いと言えるでしょう。「ワンルーム」というのは、キッチンと居室の仕切りがない間取りであり、同じ面積の1Kと比べると広々とした印象を受けます。ですがワンルームの場合は、キッチンが小さめなので、自炊をする人よりも、外食等が多い人に向いていると言えるでしょう。次に「1K」については、ワンルームと違って、キッチンと居室が仕切りによって分かれている間取りになります。ですので、キッチンで料理をしても、仕切りによって匂いをシャットアウトできるため、毎日自炊をする人に向いていると言えます。それに1Kであれば、ワンルームのように、玄関を開けると中が丸見えになることもないため、女性にもおすすめです。そして「1DK」は、食堂付きの台所を意味するダイニングキッチンと、居室が1つあるという間取りになります。ですので、食事をする部屋と普段過ごす部屋を分けて使うことが出来るというメリットがあると言えるでしょう。また、家賃については、この3つの中ではワンルームが一番安く、1DKが一番高くなります。

3つの基本的な条件をこれまで見てきましたが、実際に部屋を内覧する際は、さらに細かい点もチェックするようにしましょう。内覧する際にチェックしておきたいこととしては、まず日当たりの良さがあります。日当たりが悪い部屋だとカビが発生しやすくなったり、洗濯物が乾きにくくなったりすることもあるため、出来るだけ日当たりのよい部屋の方がよいと言えるでしょう。そして集合住宅の場合は、騒音が問題になることがあるため、どんな音が聞こえるかということもチェックしておくとよいと言えます。さらに、荷物が多い場合は、収納スペースが十分にあるかどうかということも重要でしょう。いくら部屋が広くても、収納スペースが十分にないと居室に荷物を置かなければならなくなるため、しっかりとチェックしておく必要があります。

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.