未分類

アベノミクスと昨今の景気と不動産価格の動向について

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

昨今の不動産の動向

先ず、一般的な事になりますが国内の不動産の経緯としては、民主党時代までは不動産関係は実に沈滞気味で、値動きは非常に硬かったのです。 ところが、自民党の安倍政権になってからは、アベノミクスと言われる特策といわれる経済政策で、デフレの脱却を皮切りに金融、証券、それに不動産といわれる経済の3本柱が非常に堅調な動くを呈してきました。 特に、不動産部門は商業地、住宅用地、マンションとも非常に活発な動きを示しています。 今後の見通しもオリンピック招致決定で、益々、動きが活発になるとされています。

さて、当面の不動産の動向ですが、消費税が8%から更に10%になろうとしております。
これらが不動産に及ぼし影響はというと、今、買いたいと思っている人は、即ち、駆込み需要の形になりますが、そうでない方は購入を控えます。 逆の見方をするとマンションなどの賃貸関係の物件はは活発になるかもしれません。

業界の見方を知ると、一般の生活物資は今の景気の状態を見てみると、10%の消費税についても余り影響ないとされています。 ただ、不動産物件は金額的に高額になりますので、個人の取引においては若干の影響が出るかもしれませんが、少なくともオリンピックの年である2020年までは、堅調な動きを示すのではないかと楽観する見方が大勢を占めているようです。

アベノミクス効果と不動産業の動き

ところで昨今、アベノミクス効果で経済的にも上昇傾向になってきつつあり、それに連動して当然ながら不動産や土地の価格も上昇に動く兆しあるようです。
ところで、不動産というのは一般には土地とその上に建つ建物のことをいい、つまり不動産の取引の上では、土地とその建物・或いはそれらに対する物権等のことを言います。

今般、経済ムード上昇で不動産業も大いに動いているとされ、特に、不動産売買、若しくは不動産投資という形で、特に東京都内、首都圏や大都会ではマンションの買い時とも言われてます。 特に、安部政権が誕生して以来、経済ムード、株価など上昇傾向になり併せて、土地や不動産のほうも上り調子になってきたようで、大いに期待を膨らましているところす。

実際に、地価の公示価格の土地値も下げ止まりに入ったようで、土地、不動産の価格なども上昇に転じる兆しありとのことです。
不動産バブルと言われたのは過去のことですが、再び不動産投資やマンション(特に高級マンション)なども動き出しているようで、大いに希望的、期待的観測は充分と言えるでしょう。

今後の首都圏の投資用マンション市場は、上位企業を中心に用地の積極的に取り組みはしているものの、ファミリー家族向けとも競合が激化しており、用地の確保が困難になっている傾向が加速している。 用地費の高等、建築コストのアップなどの低価格帯の住宅戸数の供給が減少する可能性も指摘されている。

不動産売買は売主と買主の合意

個人的に不動産を売買する場合は、色んな事由がありますでしょうが、特に不動産を売却する場合は、其々の理由によるでしょうが、概ねは個人や家族の事情、昨今のライフスタイルや家族の変化、それに地域的な環境や経済的事情の変化など、住まいを売却するのには様々な理由があるでしょう。

若しくは、何らかの事情で余剰の不動産を売却して資金が必要になったからとか。
勿論、何れの事情にしろ緊急の場合とそうでない場合があるでしょうが、要は、余り焦って短兵急には行わない事です。 それにはある種のポイントもあります。

ところで不動産というものは建物や土地が主であり、製品と違って同じものは一つとして存在しません。 同じような町内、地域内の土地でも、土地そのものの形、大きさ、広さ、形、面積、それに日照関係の方位、接面する道路の事情などによって、その価値が大きく変わり価格も大きく変動します。
また、同じ区域、同じ建物のマンションの場合でも、その高さや階数、部屋の間取りや部屋の形、方位性、それに現在までの管理状態などによっても価値、価格は大きく変化します。

このように、不動産売却の際の価格を判断する時には、その立地や条件、物件その物の特徴を踏まえて、一つ一つの物件ごとに見極める事が要になります。
又、売却時期についても価格は変動します。 なぜなら、不動産と言うモノは特に土地に関してはその時期によって、相場があり、変動するからです。

不動産市場の相場の動きというものは、不動産市場の全体の動きを観ながら、その取引のタイミングに応じて検討する必要があるのです。 勿論、上記のような事柄意外にも不動産の価値が変動する要素はありますが、最終的には売主と買主、それに仲介する不動産屋の合意が前提条件になります。 売主は最大価格で売りたいし、買主は最小価格で買いたい、それを仲介するのが不動産屋の仕事です。 何れにしても、売主と買主が希望の条件をよく調整し、そして最終的に合意に至ったときにはじめて価格が成立、確定します。

我が家の土地不動産の一つの事例

ところで、我が家の資金の活用として、土地の不動産の購入は試してみました。 其れは自分の家を建てるのが目的ではなく、あくまでも財産や投機としてのとしての不動産投資、売却利益を狙うのが本当の目的ではあったのです。 これは不動産投機が目的がですから、時々不動産屋の情報やネット情報など、それに新聞などの土地値の相場情報などでをチェックしております。

ところで今の手持ちの不動産状況は、この土地そのものは自由契約、つまり自由契約は何時でも解除できる条件として、例えば一例として駐車場として貸し出していて賃料が入ってくるのですが此れは何時でも解除できますよと言う条件になっているのです。 これは土地値の上下の様子を伺いながら、一時的に凍結している状況になっているのです。

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.