未分類

アパートとマンションは何が違うのか?

投稿日:

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

賃貸の部屋を借りる場合、アパートとマンションのどちらがいいか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。それに何となく違いは分かっても、アパートとマンションは実際に何が違うのか分からないという人も多いでしょう。なのでここでは、アパートとマンションの違いや、どんな人がアパート、もしくはマンションに向いているのかということを分かりやすく紹介します。

まず、アパートとマンションは、それぞれどのように定義されているのかというと、実は、法的に見ると明確な定義というものは存在しません。この「アパート」や「マンション」という呼び方は、大家さんなどが分かりやすいようにそう呼んでいるだけなのです。なので極端なことを言えば、誰が見てもアパートのようにしか見えない物件でも、大家さんがそう呼びたければマンションと呼ぶことができるというわけです。そのため、物件名だけを見ても、それがアパートなのかマンションなのか分からない場合があると言えるでしょう。

しかし、明確な定義が無いと言っても、アパートとマンションにはそれぞれ特徴や傾向があるため、やはり賃貸の部屋を選ぶ際は、そのことを知っておくと役に立ちます。一般的に言われているアパートとマンションの違いとして一番に挙げられるのは、「建物の構造の違い」です。アパートの場合は、木造や軽鉄骨造が多いと言えますが、マンションの場合は、鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)のものが多いと言えるでしょう。この「建物の構造の違い」は、比較的見た目でも判断しやすいですし、物件情報にも記載されているため、その物件がアパートかマンションか見分けたい場合は、この点に注目してみるとよいと言えます。

アパートとマンションの一番の違いは建物の構造ですが、そのことによって両者にはさまざまな違いが生じてきます。その違いとしてまず挙げられるのは、「防音性の違い」です。マンションでよく採用されている鉄筋コンクリート造は、音を通しにくい性質があるため、隣や上下階の部屋からの騒音が響きにくくなります。一方でアパートによくある木造や軽鉄骨造は、壁が薄いため、音が響きやすくなるというデメリットがあるのです。しかし、鉄筋コンクリート造のマンションだからといって全く音が響かないわけではありませんし、木造のアパートでも防音工事を行っているところもあるため、物件によっても違う場合があるということも知っておきましょう。

次に挙げられるアパートとマンションの違いは、「耐火・耐震性の違い」です。鉄筋コンクリート造などのマンションは、構造がしっかりしているため火事や地震にも強いと言われています。しかしアパートの場合でも、防火素材が使われていたり、耐震基準に沿った建設が行われているため、一定の安全性はあると言えるでしょう。

さらに挙げられる違いは、「防犯性の違い」です。賃貸の物件探しをする際に、特に女性が気にするのは防犯性が充実しているかどうかということですが、アパートとマンションでは、この防犯性にも大きな違いがあります。マンションの場合は、オートロック機能や防犯カメラが付いている場合が多いため、比較的防犯性が高い物件が多いと言えるでしょう。また、マンションは階数が高い物件も多いため、3階以上の部屋に住むことができれば、洗濯物の盗難なども防ぐことが可能です。一方でアパートの場合は、誰でも建物の敷地や共有スペースに入ることができるようになっている場合が多いため、防犯性は低くなってしまいます。

また、誰もが気になる家賃に関しても、アパートとマンションでは違いがあります。アパートは、建設費が比較的安くて済むため家賃も安く設定されている場合が多いと言えますが、マンションの場合、逆に建設費が高くなる傾向があるため、その分家賃も高くなってしまうのです。なので、同じエリアで同じ間取りのアパートとマンションを比べると、家賃が3割程度違う場合があると言えるでしょう。

最後に、アパートとマンションのどちらが向いているのかということについては、まずアパートの場合は、家賃の安さを最重視したい人に向いていると言えます。住む環境としてはマンションの方が優れている点が多いのですが、家賃は毎月支払うものなので、高すぎると生活に負担がかかってしまいます。ですので、できるだけお金を節約したい場合はアパートを選ぶとよいと言えますが、やはりアパートに住むリスクを考慮しておくことも必要でしょう。一方で、マンションが向いている人は、隣の騒音に敏感な場合や、災害対策をしっかりしたい場合、そしてセキュリティを充実させたい場合などが挙げられます。特に、隣の騒音などに悩まされて引越しを考えているという人は、アパートではなくマンションを選んだ方が賢明だと言えるでしょう。さらに女性の一人暮らしをする場合も、セキュリティが充実したマンションを選ぶと安心です。

宅建士もオススメするキャッシュバック賃貸サイト

部屋探しで使わない手はない!

業界最高水準のキャッシュバック!不動産屋と交渉の話をする前にこういったサイトで問い合わせをする所から部屋探しを始めるのが少しでもお得に部屋を借りるプロの裏技です!

対象者全員に現金プレゼントの賃貸サイト

物件掲載件数最大級の賃貸サイト!他サイトの情報もほぼ網羅しているので見るサイトはこれだけでOK!お得なキャッシュバックもついてるので使わない手はありません!

-未分類

Copyright© 不動産のアレコレ , 2020 All Rights Reserved.